So-net無料ブログ作成

台湾で飛行機事故!着陸に失敗! [世間のニュース]

台湾南西部にある澎湖(ほうこ)諸島の澎湖本島で日本時間の23日午後8時過ぎに
復興(トランスアジア)航空の旅客機(乗客54人、乗員4人)が着陸に失敗して墜落、炎上するという事件が発生しました。

台湾当局によると、少なくとも47人が亡くなり、11人が怪我をした模様です。

続きは後半で!


【スポンサーリンク】







この事件が発生した原因とは?

台湾では、23日未明に台風10号が通過していて、天候不良により、着陸に失敗した可能性が強いとの見方があるようです。
午後11時半現在では搭乗者名簿に日本人らしき名前はなく、日本人が乗っていたという情報も入っていないみたいですね。


事故を起こした機体とは?

この旅客機は双発プロペラ機でフランスとイタリア合弁の航空機メーカーATR社のATR72。
台湾南部・高雄から台湾本島の西約50キロの台湾海峡にある澎湖諸島の馬公空港に向かっていたようで
日本時間午後5時の出発予定だったが、天候不良のため午後5時43分に出発したみたいです。

ただ、地元メディアなどによると、午後7時6分、馬公空港に着陸を試したみたいですがうまくいかず、
再上昇を試した際に空港付近の西渓村に突っ込んだとようで、周辺民家にも被害が出ている模様です。


台湾のメディアは、旅客機が激突したとみられる屋根等が壊された家や
大破した機体とみられる残骸に水をまく消防隊員らの姿を報道していました。
現地の住民らの話によると、事故当時は雨や風が強かったらしいですね。


【スポンサードリンク】










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。